勉強効率を3倍上げる宅建通信講座

勉強の仕方が確立している方は、このページを読んでいただいてもあまり役立たないと思います。

逆に、勉強法を確立できていない方、
具体的には、半年以上勉強しても模試などで40点以上取れない方

このような方には是非、このページを読んでいただきたいです。
LETOS(レトス)の宅建通信講座(個別指導)は、他の宅建講座と違い、勉強の効率を3倍に上げることができます。

勉強効率が上がる理由その1

【短期間集中型の勉強法】

一般的な宅建講座では、
「3ヶ月で合格させます」と広告に書いてあっても、
実際は「3ヶ月間で宅建の試験範囲を終わらせる計画しか届きません。」

ここで、多くの方は、計画通りに学習できず、
2週間もしないうちに挫折して、勉強しなくなります。

勉強しなくなると、記憶したことをドンドン忘れていってしまいます。

つまり、再度覚えなおさないといけないため時間を余分に取られます。

LETOSの宅建通信講座では、計画を届けるだけでなく、
短期間集中して勉強してもらうために、勉強の進み具合の連絡を少なくとも毎週1回に取らせていただきます

その結果、勉強の習慣づけを行い、
覚えたことを忘れないようにしています。

勉強効率が上がる理由その2

【効率的記憶法の活用】

一般的な宅建通信講座では、“効率的な記憶法”を教えてくれません

一方、LETOSの通信講座では、効率的な記憶法を教えるだけでなく、日々の学習の中で、実践して活用することで、勉強効率が格段に上がります

受講者の方からは、
「今まで独学で勉強していた勉強方がいかに非効率かを実感しました。」
というご感想も頂いています。

勉強効率が上がる理由その3

【無駄な副教材を使わない】

一般的な宅建通信講座では、DVDやCDなどの副教材がたくさん入っています。

しかし、DVDは、テキストの内容が映像になっているだけで、テキストで読めば5分でおわる部分が、DVDだと30分もかかります。
かといって、分かりやすいかと言えば、テキストとそんなに変わらない。
あまり意味はないでしょう。

また、CDは通勤時間に音声を聴きながら学習できるを思われる方が多いでしょうが、学習した気にはなりますが、あまり覚えられません。

私も資格取得で音声学習を試してみましたが、1ヶ月間毎日同じ音声を聞いても、重要ポイントを10個も覚えられませんでした。

でも勉強した気になってしまう。。。

逆効果だなっと実感しました。

一方、LETOSの通信講座では、基本的にはテキスト&過去問集を中心に勉強していただきます。

動画は補足的な役割で、動画を中心と勉強することはお勧めしていません。

その理由は、①動画を見るのと、テキストや解説を文字で見るのとでは、動画の方が時間がかかるし、また、②動画は受け身の勉強なので、相当意識して動画を見ないと、ほとんど頭に入りません

そのため、テキストや過去問集で勉強した方が実力は付きます!

また、レトスのテキストや過去問集には、理解すべき内容(理由や具体例、イメージ、関連ポイントなど)が記載されています。

過去問集の解説だけでも、他の通信講座のテキストより細かく解説したりもしています。つまり、過去問集を読み進めるだけで理解学習ができ、相当の実力をつけることが可能です!

実際、初めて勉強する方でも、レトスの過去問集を中心どんどん勉強を進めていただき、4か月で合格する方も多数いらっしゃいます!

そして、学習してく中で、お客様に合わせて、必要な解説も行います!

理解学習を実践して次の試験で合格したい方こちらをご覧ください!

宅建短期集中実力アップ講座はこちら
宅建通信に関する相談はこちら