効率的に宅建に合格する勉強法とは?

失敗している方の勉強で最も多いのが、このパターン

参考書で勉強した後に、基本問題集を行い、その後、過去問集を行う勉強法

試験に不必要な知識まで勉強しなければいけないため、効率が悪く、宅建合格力もつきにくいです。

この勉強法が一般的な勉強の仕方として広がっているのは、日本の義務教育の勉強法の流れでしょう。

合格している方の勉強法は、このパターン

一方、効率的に合格する方の多くの方が実践する勉強法は過去問を中心とした勉強法です。

過去問集と参考書を行き来しながら勉強をする

試験に受かるための最小限の知識だけを理解していけばよいので、非常に効率的です。

いきなり過去問やっても、解けないし・・・と思われる方、
いきなり過去問をやって解けないのは当たり前です。

重要なのは、過去問でどのようなことが問われているのか?これを解くために何が必要なのか?を逆算して考えていくことです。

過去問をしっかり分析して、学習を進めれば、36点は取れて当たり前になります。

目的は宅建に合格することです。そのために、500ページもあるテキストに書かれていることを覚えようとする(丸暗記する)のは非効率です。

時間がある方であればそれでも合格できますが、勉強を続ける中で、モチベーションが下がってきます。

とはいうものの、自分で進めるにも自信がない方もっと具体的に指導して欲しい方もいらっしゃると思います。

LETOS(レトス)はそういったお客様のために今までにない1対1個別指導スタイル宅建専門通信講座を始めました。

「分かる」と「できる」では大きな違いです。

レトス(LETOS)の強みは講座を受講していただいてからのサポートです。

多くの通信講座が教材を販売した後の指導があまりありません。

高いお金を払ったにも関わらず、結局はお客様ご自身で学習を進めていかないといけない独学と変わらないわけです。

それでは、学習を進められない方はどれだけ勉強しても実力が付いていかないわけです。

そのような方を中心にレトス(LETOS)は個別指導を行っていきます。

LETOSから頑張るあなたへプレゼント♪

これから宅建合格を目指すあなたへ レトスに関わる皆様が合格できますように♪
宅建通信に関する相談はこちら