12月25日の3問

【問1】不法行為

Aが被用者Bの行為につきCに対して使用者責任を負う場合で、
AがCに損害賠償金を全額支払った場合、
Bに故意又は重大な過失がないときは、
AはBに対して求償権を行使することができない。


【問2】営業保証金

宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が、
営業保証金を金銭のみで供託している場合で、
免許換えにより主たる事務所の最寄りの供託所が変更したとき、
Aは、遅滞なく、変更前の供託所に対し、
変更後の供託所への営業保証金の保管替えを請求しなければならない。


【問3】農地法

山林を開墾し現に農地として耕作している土地であっても、
土地登記簿上の地目が山林であれば、法の適用を受ける農地とはならない。

宅建通信に関する相談はこちら