11月25日の3問

おはようございます!レトスの小野です!

本日は理解していただきたい部分が多いです!

「理解学習」こそ、合格するための勉強法です。

「理解せずに」単にテキストや過去問集の解説を「丸暗記」では、毎日2時間・1年以上勉強しても合格できません。

1回でも宅建試験に落ちている方のほとんどが「理解学習ができていない」です。

早めに勉強法を変えましょう!

「丸暗記」という「無駄な勉強」は今日で終わりにして、
来年絶対合格しましょう!

では、本日の問題です!

 

【問1】時効

自分の所有する土地を20年間使用などの所有権を行使しないと、時効により消滅する。


【問2】免許の要否

Aが借金の返済に充てるため、自己所有の宅地を10区画に区画割りして、
不特定多数の者に反復継続して売却する場合、Aは免許を受ける必要はない。

 


【問3】建築基準法

建築基準法の規定が適用された際現に建築物が立ち並んでいる幅員4メートル未満の道で、
特定行政庁が指定したものについては、道路の境界線は、現在の道路の境界線とみなされる。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら