11月20日の3問

個別指導の詳細はこちら.gif

おはようございます!
レトスの小野です!

『今まく種はやがて、あなたの未来となって現れる』

今勉強しても試験前には忘れてしまうのでは?

だから、試験前に一気に勉強するんです!

そう思っている方、以外と多いんですよね。

もちろん、今日勉強したことは、明日にはほとんど忘れてしまいます。

これは、エビングハウスの研究結果からも明らかです。

しかし、復習を重ねることで忘れにくくなります。

つまり、試験前に復習を重ねて定着させておくことが重要なんです。

そのことから考えても、
試験前から始めるのはナンセンスです。

復習できる回数自体も、

「今から勉強する」のと、

「試験6ヶ月前から始める」のとでは

2倍くらい変わってきます。

だからこそ、今すぐ本格的に勉強を始めた方がいいわけです!

実際、過去の個別指導の受講者様も

11月から始めている方が合格率8割なのに対し
4月から始めている方は約6割なので
今の時期から勉強をしている人と比べて4月から勉強する人の方が合格率が低いです。

来年絶対合格したい気持ちがあるなら

今すぐ、本気で勉強を初めましょう!

宅建通信講座レトス小野

【問1】代理

BはAに対して、B所有の土地の賃貸借契約に関する代理権を与えたが、AはCと売買契約を締結した。
Bが追認しない場合でも、CがAに代理権があると信じ、そう信じることについて正当な理由があるとき、
Cは、直接Bに対して所有権移転登記の請求をすることができる。


【問2】免許の要否

Bが用途地域内の自己所有の農地について
道路を設けて区画割をし、その売却を業として行おうとする場合
Bは免許を受ける必要はない。


【問3】建築基準法

高さ(  )mを超える建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。

宅建通信に関する相談はこちら