10月29日の3問

個別指導の詳細はこちら.gif

【問1】詐欺

Aは第三者Cの詐欺により、A所有の土地をBに売却し、 Bは善意有過失のDに売却をし、移転登記もなされた。 その後、詐欺を原因として、AB間の売買契約が取消された場合、AはDに所有権を主張できる。


【問2】クーリングオフ

宅建業者でない買主からクーリングオフによる売買契約の解除があった場合で、
この契約の解除が法的要件を満たし、かつ、売主Aが手付金を受領しているとき
Aは手付金から違約金を控除して返還することができる。


【問3】開発許可

市街化調整区域において行う開発行為で、その規模が300㎡であるものについては、常に開発許可は不要である。

宅建通信に関する相談はこちら