10月26日の3問

こんにちは!レトスの小野です!

「やる気がなくならない限り、失敗はありえない。」

哲学者であるエルバート・ハバードの言葉です。

「やる気」は勉強において非常に重要な要素です!

やらなければいけないけど、やる気がないと勉強できません。

そんな時、何か対策を考えていますか?

やる気を出させるスイッチは人によって異なります!

私は、やる気がないときは勉強しません。

これが一番の解決策になっています。

こうすると、逆に「ヤバイ。。やらないとマズイ・・・」

となり、やる気が出てきます。

あなたにとってやる気スイッチは何かを探すのは非常に重要なことです!

是非、探してみてください!

 

【問1】錯誤

AB間の売買で、買主Bの意思表示に対応する意思を欠く錯誤
があり、当該錯誤が法律行為の目的及び取引上の社会通念に照らして重要なものであるとき、 Bは常に売主Aに対しAB間の売買契約の取り消しを主張することができる。

 


【問2】37条書面

貸主である宅地建物取引業者Aが、
借主と事業用建物の賃貸借契約を締結した場合、
Aは37条書面を作成した上で借主に交付しなければならない。

 


【問3】開発許可

市街化調整区域(開発許可を受けた開発区域を除く。)内においては、
一定の建築物の新築については、それが土地の区画形質の変更を伴わない場合であっても、
都道府県知事の許可を受けなければならない。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら