10月20日の3問

【問1】不動産登記法

表題部所有者であるAから土地を買い受けたBは、
Aと共同してBを登記名義人とする所有権の保存の登記の申請をすることができる。


【問2】重要事項説明

売主である宅建業者は、買主が宅建業者である場合、
37条書面の交付は省略することができるが、
35条書面の交付は省略することができない。


【問3】開発許可

開発許可を受けた開発区域内で、工事完了の公告があるまでの間に
工事用の仮設建築物を建築するためには都道府県知事の承認が必要である。

宅建通信に関する相談はこちら