9月26日の3問

本日も、合格者からいただいたアドバイスを共有させていただきます!

本日は「想定できることは事前に想定しておくこと」です。

例えば、

・時計はどれを持っていきますか?

・昼食は何を食べるか?

できる限り、事前に考えておけば、前日、当日、不安になる要素が少なくなります。

■最近は時間を調べるためにスマホを使う方が多いと思いますが

時計も用意しておく必要があります。

もしかしたら、電池が切れているかもしれないので

事前に確認しておき、電池が切れているようでしたら電池交換をしておきましょう!

■昼食は何を食べるのか?

何を食べても問題ありませんが、おなかを壊す可能性があるものは避けた方が良いです。

なので、生ものよりも、熱処理されたものの方が良いと思います・

また、

試験の開始が13時からなので、食事をして眠くなる人は、それも想定して

少し早めに食事をとったり

食事の量を減らしたり

と事前に対策を考えておくとよいでしょう。

【問1】抵当権

普通抵当権でも、根抵当権でも、設定契約を締結するためには、被担保債権を特定することが必要である。


【問2】営業保証金

宅地建物取引業者は、取引の相手方の権利の実行により
営業保証金の額が政令で定める額に不足することとなったときは、
供託所から不足額を供託すべき旨の通知書の送付を受けた日から
2週間以内にその不足額を供託しなければならない。


【問3】都市計画法

地区計画は、建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置等からみて、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を整備し、開発し、及び保全するための計画であり、用途地域が定められている土地の区域においてのみ定められる。

宅建通信に関する相談はこちら