9月4日の3問

おはようございます!レトスの小野です!

「できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である」

画家であるピカソの言葉です!

宅建試験は勉強を始めた当時は「難しいな」と感じたはずです。

私もそう思いました。

でも、私は「絶対合格できる」と思って勉強を続けました!

合格できると思えば、勉強は続けられます。

一方、合格できないと思えば、
勉強はやめるでしょう。

残り1ヶ月半あるので最後まで諦めずに頑張っていきましょう!

【問1】保証

連帯保証人が債務について時効が完成すると、
主たる債務者の債務も消滅する。


【問2】免許の基準

宅地建物取引業者C社の非常勤役員が、刑法第208条の3(凶器準備集合及び結集)の罪により罰金の刑に処せられたとしても、C社の免許は取り消されることはない。

 


【問3】宅地造成等規制法

宅地造成工事規制区域内において、ゴルフ場施設用地の造成のため10万㎡の土地について切土又は盛土を行う場合、
宅地造成等規制法の許可を有しない。

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら