7月17日の3問

【問1】時効

AがBに土地を売却し、代金支払い期日を定めたときは、Aの代金請求権の消滅時効は、その期日から進行する。


【問2】重要事項説明

建物の貸借の媒介において、
当該貸借が借地借家法第38条第1項の定期建物賃貸借である場合は、
貸主がその内容を書面で説明したときでも、
媒介業者は定期建物賃貸借である旨を借主に、重要事項として説明しなければならない。


【問3】都市計画法

都市計画法33条に規定する開発許可の基準のうち、
主として自己の居住の用に供する住宅の建築の用に供する目的で行う開発行為に対して
開発区域に設置しなければならない公園、緑地又は広場についての基準は適用されない。

宅建通信に関する相談はこちら