7月10日の3問

短期集中実力アップ講座値上げまで「残り数時間」となりました!

本日中の申し込みであれば、値上げ前の安い価格でお申込みいただけます!

試験まで3か月半です!
これまでのこの時期から法律知識ゼロから一発合格した受講者もいます!

ある程度勉強している方であれば、なおさら合格できる確率も高くなります。

宅建試験であれば、まだ、今から勉強を始めても合格できます!

合格目指して頑張っていきましょう!

【問1】代理

BはAに対して、B所有の土地の賃貸借契約に関する代理権を与えたが、AはCと売買契約を締結した。
Bが追認しない場合でも、CがAに代理権があると信じ、そう信じることについて正当な理由があるとき、
Cは、直接Bに対して所有権移転登記の請求をすることができる。


【問2】媒介契約
媒介依頼を受けた宅建業者が、一定事項を指定流通機構に登録しなければならないのは
一般媒介、専任媒介、専属専任媒介のどれか?

 


【問3】都市計画法

市街化区域において、市街地再開発事業の施行として行う5000㎡の土地の区画形質の変更行為は、開発許可が必要である。

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら