6月16日の3問

おはようございます!
LETOSの小野です!

「やる気がなくならない限り、失敗はありえない。」
哲学者であるエルバート・ハバードの言葉です。

「やる気」は勉強において非常に重要な要素です!

やらなければいけないけど、やる気がないと勉強できません。

そんな時、何か対策を考えていますか?

やる気を出させるスイッチは人によって異なります!

私は、やる気がないときは勉強しません。
これが一番の解決策になっています。

こうすると、逆に「ヤバイ。。やらないとマズイ・・・」
となり、やる気が出てきます。

あなたにとってやる気スイッチは何かを探すのは非常に重要なことです!

是非、探してみてください!
まだ、今からでも間に合いますので、あきらめずに頑張っていきましょう!

【問1】錯誤
A所有の土地が、AからB、Bから善意無過失のCへと売り渡され、 移転登記もなされたが、Aの錯誤が原因でAB間の契約が取り消された。 この場合、Aは登記なくして善意無過失のCに対して、錯誤による取り消しを主張できる。


【問2】免許
宅地建物業者が免許の更新申請を怠り、その有効期間が満了した場合、
当該宅建業者は遅滞なく、免許証を返納しなければならない。


【問3】宅地造成等規制法

宅地造成工事規制区域内において宅地造成に関する工事を行う場合、
宅地造成に伴う災害を防止するために行う
高さ4mの擁壁の設置に係る工事については、
政令で定める資格を有する者の設計によらなければならない。

宅建通信に関する相談はこちら