6月6日の3問

【問1】不動産登記法

甲区には所有権及び抵当権に関する事項が,乙区にはそれ以外の権利に関する事項がそれぞれ記録される。


【問2】業務上の規制
宅地建物取引業者は、その業務に従事する者であっても、一時的に事務の補助のために雇用した者については、従業者名簿に記載する必要がない。


【問3】建築基準法

3階建て、延べ面積600平方メートル、高さ10mの用途が共同住宅である建築物の工事を行う場合において、2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置する工事を終えたときは、中間検査を受ける必要がある。

宅建通信に関する相談はこちら