5月26日の3問

こんにちは!
レトスの小野です!

「辛いのは、頑張っている証拠」

合格するためには、誰もが通る道です!

頑張っていなければ、辛いとも思わないはずです!

辛いな、と思っているのであれば、踏ん張り時です!

私も、また弊社の受講者様も「辛い」時は経験しています!

それを乗り越えたから合格までたどり着けたわけです!

諦めずに頑張っていきましょう!

【問1】保証

主たる債務者が債務を承認すると、連帯保証人の債務の時効は更新する。


【問2】免許の基準

宅地建物取引業者B社の使用人であって、B社の宅地建物取引業を行う支店の代表者が、
刑法第222条(脅迫)の罪により罰金の刑に処せられたとしても、B社の免許は取り消されることはない。


【問3】都市計画法

都道府県が都市計画を決定する場合、必ずしも国土交通大臣と協議し同意を得る必要はない。

宅建通信に関する相談はこちら