5月9日の3問

先日、開講した「短期講座」は、明日(5月10日)までが最安値です!

短期講座では、短期間で実力を上げること「時短」を目的とした講座となっています!

実際、7月から宅建の勉強を始めて一発合格した方も複数名いらっしゃいます

今は、まだ5月です!

その方と比べれば、勉強時間もたくさんあります!

まだ、今からでも、勉強の仕方を変えることができれば、十分今年の合格も目指せます!

一緒に勉強して、今年の合格を目指しましょう!

>>短期講座の詳細はこちら

【問1】不法行為

Aが所有する甲建物に塀を設置するために、Bに塀の設置を請け負わせた。
その後、Aは甲建物をCに賃貸し、Cが占有しているときに、
工事の瑕疵で塀が崩れ、第三者Dにケガをさせてしまった。
このとき、Aは損害の発生を防止するのに必要な注意をしていれば、
Dに対する損害賠償責任を免れることができる。

 


【問2】監督処分

宅建業者A(甲県知事免許)は、甲県知事から指示処分を受けたが、その指示処分に従わなかった。この場合、甲県知事は、Aに対し、2年間の業務停止を命ずることができる。

 


【問3】宅地造成等規制法

宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事が完了した場合、
造成主は、都道府県知事の検査を受けなければならない。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら