5月5日の3問

こんにちは!レトスの小野です!

本日は「休日の勉強の仕方」についてお伝えします!

休日となると、勉強する時間はタップリあります。

でも、なんかダラけてしまて勉強ができない・・・・

そんなことありませんか?

私は実際、受験生だった時にダラダラしてしまっていました。

これだと、せっかくの休日も無駄にしてしまいます。

そうならないための方法をお伝えします!

 

【問1】不法行為

Aの被用者Bの行為が、Bの職務外の行為でCが損害を被った。
Cは職務外であることを知らず、
そのことに関して重過失があった場合、
Cは、Aに対して使用者責任を追及することができない。

 


【問2】監督処分

都道府県知事は、宅建業者に対し、業務停止処分をしようとするときは、
聴聞を行わなければならないが、指示処分をするときは、聴聞を行う必要はない。

 


【問3】宅地造成等規制法

土地の占有者又は所有者は、都道府県知事が委任した者が、
宅地造成工事規制区域の指定のために当該土地に立ち入って測量又は調査を行う場合、
正当な理由がない限り、立入りを拒み、又は妨げてはならない。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら