4月28日の3問

こんにちは!レトスの小野です!

個別指導の募集終了まで残り2日です!

「つなげる」「イメージする」「理由を知る」

これらが重要だと知っているだけでは、実力は上がりません!

一問一問「実践」することで実力は上がるんです!

個別指導ではこれらを実践することで、短期間で合格力を付けていただきます!

万一、今年不合格でも、合格保証がついているのでご安心ください!

合格保証の内容も下記ページに記載しています!

もちろん、今年合格することが一番の目的です!

>>個別指導の詳細はこちら

 

【問1】債権譲渡

Aは、Bとの間で、A所有の山林の売却について買主のあっせんを依頼し、その売買契約が締結され履行に至ったとき、売買代金の2%の報酬を支払う旨の停止条件付きの報酬契約を締結した。当該山林の売買契約が締結されていない時点であっても、Bは停止条件付きの報酬請求権を第三者Fに譲渡することができる。

 


【問2】8種制限

宅建業者Aは、BとB所有の甲地について停止条件付きで売買契約をした。
この場合、宅建業者Aは甲地を宅建業者でないCに売却することができる。

 


【問3】宅地造成等規制法

宅地造成工事規制区域内において、私立高校用地の造成のため10万㎡の土地について切土又は盛土を行う場合、
宅地造成等規制法の許可を有しない。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら