3月13日の3問

こんにちは!レトスの小野です!

先週のご案内した

「合格率7割を超える勉強法の小冊子」について

ご請求いただいた方には、小冊子をお送りいたしました!

忙しくて、まだ読んでいないかもしれませんので

その内容の一部を動画でお伝えいたします!

理解学習を実践して次の試験で合格したい方こちらをご覧ください!

 

【問1】意思表示

Aは第三者Cの強迫により、A所有の土地をBに売却し、
Bは善意のDに売却をし、移転登記もなされた。
その後、強迫を原因として、AB間の売買契約が取消された場合、
Aは善意のDに所有権を主張できる。


【問2】取引士

宅地建物取引士資格試験に合格した日から1年以内であれば、
登録をしている都道府県知事が指定する講習を受講しなくても、
取引士証の交付を受けることができる。

 


【問3】国土利用計画法

市街化区域においてAが所有する面積3,000㎡の土地について、Bが購入した場合、A及びBは事後届出を行わなければならない。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら