2月12日の3問

こんにちは!
レトスの小野です!

勉強しても実力が上がってこない・・・

そんなお悩みありませんか?

そんな方に、実力が上がる問題の解き方についてお伝えします!

【問1】相続

Aには、妻B、子Cがあり、Aは、CにA所有の資産全部を相続させAの事業も承継させたいと考えているが、
Bが反対している場合、Aは、Bが反対していることを理由として、遺言で、Bを相続人から廃除することができる。

 


【問2】免許

Bが用途地域内の自己所有の農地について
道路を設けて区画割をし、その売却を業として行おうとする場合
Bは免許を受ける必要はない。

 


【問3】都市計画法

市街化区域において、市街地再開発事業の施行として行う5000㎡の土地の区画形質の変更行為は、開発許可が必要である。

 

6月からでも宅建合格できる
 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら