2月2日の3問

個別指導の詳細はこちら.gif

【問1】相隣関係

土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用をもって、
境界を表示すべき物を設置することができる。


【問2】監督処分

国土交通大臣に宅地建物取引業を営む旨の届出をしている
信託業法第3条の免許を受けた信託会社は、
宅地建物取引業の業務に関し取引の関係者に損害を与えたときは、
指示処分を受けることがある。


【問3】都市計画法

区域区分は、指定都市及び中核市の区域の全部又は一部を含む都市計画区域には必ず定めるものとされている。

宅建通信に関する相談はこちら