1月24日の3問

【問1】担保物権

建物の建築工事の費用について、
当該工事の施工を行った者が先取特権を行使するためには、
あらかじめ、債務者である建築主との間で、
先取特権の行使について合意しておく必要がある。


【問2】クーリングオフ

売主が宅建業者として
宅建業者でない買主Aは、
建物の物件の説明を媒介業者Bの事務所で受け、
翌日、出張先から電話で買受けを申し込んだ。
後日、勤務先の近くの喫茶店で売買契約を締結した場合
Aはクーリングオフに基づいて売買契約の解除はできない。


【問3】都市計画法

市街化区域とは(  )区域、および、おおむね(  )年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域であり、
市街化調整区域とは市街化を(  )する区域である。

宅建通信に関する相談はこちら