1月19日の3問

個別指導の値上げまで「あと1日」となりました!

21日になると値上げとなります!

理解学習を実践できれば、宅建試験は1回で合格できる資格です!

単に「問題と解説を覚えるだけ」「テキストの内容を覚えるだけ」ではなく、理解までしていきましょう!

これが合格の秘訣です!

効率的な勉強を習慣化して宅建に合格する

【問1】連帯債務

AとBはCに対して1000万円の連帯債務を負っており、
各自の負担部分はそれぞれ500万円である。
Aが800万円を弁済すれば、
300万円を限度にBに対して求償できる。

 


【問2】クーリングオフ

宅建業者Aが、宅建業者でないBから、
Aが売主である宅地について、喫茶店で、その買受けの申込みを受けた。
Bは申込みの撤回を書面により行う場合、
その効力はBが申込みの撤回を行う旨の書面を発した時に生ずる。

 


【問3】都市計画法

高度利用地区は、市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため定められる地区であり、用途地域内において定めることができる。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら