1月15日の3問

おはようございます!レトスの小野です!

今年に入って半月が過ぎましたが「理解学習」は実践できましたか?

ずっとお伝えしていますが「理解学習」は実践しないと実力は付きません。

個別指導は理解学習を実践する為にあります。

予備校や大手の通信講座とは異なり「理解」に焦点を当てて学習を進めていきます!

そして、今年合格していただきます!

一緒に勉強して、絶対今年合格しましょう!

効率的な勉強を習慣化して宅建に合格する

【問1】保証

連帯保証人が債務について時効が完成すると、
主たる債務者の債務も消滅する。


【問2】重要事項説明

宅地建物取引業者は、宅地若しくは建物の売買の契約が成立した時は
宅地建物取引業者でない買主に対し、取引士をして、一定の重要な事項を記載した書面を交付した上で説明させなければならない。


【問3】都市計画法

準都市計画区域については、都市計画に準防火地域を定めることができる。

宅建通信に関する相談はこちら