宅地建物取引士資格試験の「債権者代位」を解説

宅建合格のために必要な「債権者代位権」の学習すべき点は?

債権者代位

債権者代位とは、債務者がもつ債権を債権者が代わりに使う(行使)する制度です。

債権者代位

今回の中心人物は債権者Aです。債権者AはBに2000万円を貸しました。
しかし、債務者Bは期限になっても、お金を返しません。しかし、調べてみると、Bは以前Cに1000万円を貸しており、その貸金債権(1000万円を返してもらえる権利)を持っていました。
そこで、Aは、BがCに取り立て(回収)に行かないのなら、私が代わりに取り立てにいくよ! っといって、Bの代わりに権利を行使します。
これが、債権者代位です。

ちなみに、
Aを債権者と、Bは債務者、Cは債務者Bの債務者なので第三債務者と呼びます。
また、Bを債権者と見ると、Cは債務者、Aは債権者の債権者となります。

宅建メルマガ

関連記事
債務不履行  /  履行遅滞  /  履行不能  /  同時履行の抗弁権  /  危険負担  /  不完全履行  /  損害賠償請求  /  損害賠償額の予定  /  契約解除  /  債権譲渡とは  /  異議をとどめない承諾とは  /  債権者代位  /  債権と債務

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について