宅地建物取引士資格試験の「取得時効」を解説

宅建合格のために必要な「取得時効」の学習すべき点は?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

取得時効

取得時効とは、他人の土地であるにも関わらず、その土地を自分の土地と信じて、一定期間使用していると、本当に自分の土地になってしまう制度のことです。
もう少し詳しく解説します。
取得時効を主張するには3つの要件を満たす必要があります。

取得時効の要件

  1. 所有の意思を持っていること
  2. 平穏かつ公然に他人物を占有すること
  3. 一定期間占有すること

ポイントは所有の意思がなければ、取得時効は成立しないということです。
あと、もうひとつ、建物を人に貸すことによって、自分は占有していないが、占有してもらう場合も、占有していることになります
これを、間接占有といいます。

では、一定期間とはどれだけの期間なのでしょうか?

取得時効の完成に必要な期間

占有開始の時期 必要な期間
  善意無過失 10年
   善意無過失でない 20年

ポイントは占有開始の時点で、善意無過失なのかそうでないのかによって、必要な期間が変わるということです。
善意無過失で占有を始めた者が後になって、悪意に変わったとしても、(つまり、他人のものだと気づいても)あくまでも、占有開始の時点で判断するため、10年で取得時効が完成します。

では、占有開始してから、別の人に渡った場合はどうなるでしょうか?

占有の承継

取得時効は、自分の前の人の「占有期間」と、「占有開始の状態」を引き継ぐことができます。
例えば、下記例、Aが悪意で15年占有した後、Bに建物を引き渡した場合、占有期間は承継され、さらに、占有開始の状態も引き継ぎます、つまり、Aが悪意なので、Bの占有期間をあわせて20年経過すれば時効は完成するので、Bは善意無過失でも、そうでなくても、5年で時効は完成します。

取得時効の例

では、次の例はどうでしょう?
この場合、起算点をAにする場合とBにする場合の2つを考えましょう。

取得時効の例2

まず、占有開始をAとします。すると、Aは悪意なので、Bは15年経過で時効完成となります。
一方、占有開始をBとします。するとBは善意無過失なので、10年経過で時効完成となります。

つまり、この場合、Bは占有を承継せずに、10年で時効完成するということです。 引っかからないように注意しましょう。

宅建メルマガ

関連記事
債務不履行  /  履行遅滞  /  履行不能  /  同時履行の抗弁権  /  危険負担  /  不完全履行  /  損害賠償請求  /  損害賠償額の予定  /  契約解除  /  債権譲渡とは  /  異議をとどめない承諾とは  /  債権者代位  /  債権と債務

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について