法律用語(言葉)が難しくて勉強が進まない場合どうするか?【宅建通信】

効率的な勉強を習慣化して宅建に合格する

誰しも、宅建の勉強を始めたばかりのときは法律用語は分からないです。
なので、分からない用語が出てきたら必ず調べることが重要です。
どうやって調べるか?
まずは、テキストで調べるようにしましょう!
テキストで調べて分からない場合は「ネット」で調べましょう!

調べる時の注意点

調べた「文章を覚える」ことは止めましょう!文章自体理解していない状況で覚えようとしても覚えることはできないですし、覚えても理解していないので本試験で使えません。つまり、覚えるだけ時間の無駄になってしまいます。
では、何を覚えればよいか?

覚えるべき内容

覚えるのは、具体例です。具体例を頭に入れていけば、それは使える知識になります。
本試験でも、問題文がA、B、Cなどの具体例で出題されている場合が多いですし、もし抽象的な問題でも具体例を考えれば解ける問題がほとんどです。
なので、具体例を調べて覚えるようにしましょう!

レトス小野

無料メルマガ【宅建過去問】
宅建通信に関する相談はこちら