宅建合格の近道をお教えします!【宅建通信】

宅建合格の近道をお教えします!
この度は数あるホームページの中から、LETOS(レトス)のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お越しいただいたからには、価値ある情報をお伝えしたいと思っています!
3分だけお時間を頂戴できれば幸いです。

宅建合格のために何をすべきか?

この質問が最も重要で意味ある質問です。
これの質問がないから、勉強の仕方ややるべきことを間違い、いつまでたっても宅建に合格できないんです。
結論からいえば、答えは非常にシンプルです。

試験に出る可能性が高い問題を頭に定着させる

これだけです。
ほとんどの方は、基礎問題集とテキストで勉強を始めます。
その結果どうなるか?
1年前から勉強していたいも関わらず、試験3ヶ月前に過去問を解くと
なんと10点台・・・
恥ずかしながら、実際、私がそうでした。
そこから、私は原点に戻り、「宅建に合格するには何をすべきか?」という質問を自分に問いかけ、出た結論がこれでした。
その結果、残り3ヶ月で一気に飛躍をして一発合格しました。

今回、以前の私のように、
「伸びない勉強をしてもらいたくない!」
「やるからには次の宅建試験で合格してもらいたい!」
ということで、独自の学習システムを体系化いたしました。

これは、宅建に合格できない方の原因を取り除き、合格するための道を示すとともに、弊社と共に、進んでいくシステムです。

⇒ まず、不合格になる原因のどれに当てはまるかをご確認ください。

宅建は年に1度しかないため、不合格になると、また1年を棒に振ることになります。
この時間的損失、経済的損失は大きなものです。

なので、やるからには次の試験で必ず合格してください!

本試験では、基本事項を使って、色々な角度から出題してきます。

こういった過去問からの別角度からの出題は絶対解けるようにしなければなりません。

そのためにも、基本事項を押さえることは、合格するための最低条件です。

もし、基本事項を「覚えているだけ」で「使えてない」という方は、ぜひ、無料講座をご活用ください!

無料で、基本事項を押さえていけます!

宅建通信講座レトス小野

宅建通信に関する相談はこちら