10月22日の3問

個別指導の詳細はこちら.gif

宅建に合格するためには最低でも毎日1時間は勉強してほしいです!

でも、勉強の習慣がついていないのに
いきなり1時間の勉強をするのは難しいですよね!?

そんな場合は、
まず1日10分から始めること

できることから習慣にしていくことが
習慣づけのコツです!

宅建通信講座レトス小野

>>【無料動画】秘密の勉強法:その2「理解学習」の3つのポイント>>

 

【問1】不動産登記法

表題部所有者について住所の変更があったときは、当該表題部所有者は、
その変更があったときから1月以内に、当該住所についての変更の登記の申請をしなければならない。


【問2】重要事項説明

借主が宅建業者でない者として、建物の貸借の媒介において、
水道、電気及び下水道は完備、都市ガスは未整備である旨説明したが、
その整備の見通しまでは説明しなかった。
この場合、媒介した宅建業者は宅建業法に違反する。


【問3】都市計画法

地区整備区域が定められている地区計画区域内で、工作物の建設を行おうとする者は
市町村長の許可が必要である。

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら