10月18日の3問

【問1】不動産登記法

不動産の登記事項証明書の交付を請求する場合、原則、当該不動産の利害関係人でないと請求できない。


【問2】重要事項説明

宅建業者A(媒介業者)は、売買契約が成立するまでの間に、
代金に関する融資のあっせんについて融資条件を重要事項として説明したが、
その融資が成立しないときの措置について買主に説明しなかった場合、
宅建業法違反となる。


【問3】開発許可

市街化区域において、市街地再開発事業の施行として行う5000㎡の土地の区画形質の変更行為は、開発許可が必要である。

宅建通信に関する相談はこちら