7月25日の3問

現在は、個別指導ではなく、短期講座を開講しております!

【問1】不法行為

不法行為に基づく損害賠償債務は、不法行為の成立と同時に履行遅滞となる。


【問2】37条書面

売主が宅地建物取引業者、買主が宅建業者でない場合の
土地の売買契約の媒介を行った宅建業者は、
売主が37条書面は不要だと申し出てきたので
37条書面を売主に交付しなかった。
この場合、媒介業者は宅建業法違反となる。

 


【問3】国土利用計画法

Aが所有する市街化区域内の面積2000㎡の土地をBに売却する契約を、
AとBの売買契約の代理人であるCが締結した場合、
CはC名義により、事後届出を行う必要がある。

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら