7月20日の3問

短期集中実力アップ講座は明日値上げです!
今の値段は今日までです!

あと3か月で、合格するために何をしなければいけないか?

①問題量も必要ですが、
②勉強の質も同様に重要です!

多くの方が①問題量だけ増やして
②勉強の質が悪くて試験に落ちます

実際、勉強しているにも関わらず、3,4年落ちている方は非常に多いです!
知っている限りでも10年以上落ちている方もいるくらいです。

勉強していないから落ちているのではなく
勉強しても落ちているんです。

理由は②勉強の質が悪いからです!

短期講座では②勉強の質を上げることを目的とした内容となっています!

これまで一生懸命勉強してきたけど、なんか実力上がらない
これから逆転合格を目指したい!
今年で宅建の勉強を終わらせたい!

そんな方に短期講座はお勧めです!
一緒に勉強して今年絶対合格しましょう!

【問1】時効

Aが、Bに対する賃料債権につき内容証明郵便により支払を請求したときは、
その請求により消滅時効は更新する。


【問2】重要事項説明

取引士Aは重要事項の説明の際、相手方が特に要求しなかったので、取引士証を提示せず、
また、交付する書面にも記名押印をしなかった。
この場合、Aは10万円以下の過料に処せられる。

 


【問3】国土利用計画法

Aが所有する市街化調整区域に所在する面積3000㎡の農地について
Bに売却する契約を、農地法第5条の許可を停止条件として締結した場合、
Bは事後届出を行う必要がある。

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら