5月24日の3問

こんにちは!
レトスの小野です!

「100回叩くと壊れる壁があったとする。

でも、みんな何回叩けば壊れるか分からないから

99回まで来て、
途中で諦めてしまう」

松岡修三さんの言葉です!

これは、宅建の受験生にも言えることだと思います。

諦めずに勉強し続ければ合格できるのですが

途中でやめてしまいます。

勉強の仕方によって、合格するまでにかかる時間は異なります。

半年で合格できる実力が付く人もいれば

5年以上かかる人もいます。

これは勉強の仕方によって変わってきます。

しかし、いずれにせよ、やり続ければいつかは合格します!

でも、合格の一歩手前で諦めてしまう方が多いです。

諦めずに勉強を「続ける」

これも合格するための重要な要素です!

今日も一日頑張っていきましょう!

【問1】保証

金銭消費貸借契約における主たる債務者は、保証契約の当事者ではない。


【問2】業務上の規制

宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、
その業務に関する帳簿および従業者名簿を備え、
取引の関係者から請求があったときは、そのどちらも閲覧に供しなければならない。


【問3】都市計画法

都市計画を決定しようとする旨の公告があったときは、
関係市町村の住民及び利害関係人は、(  )の縦覧期間の満了の日までに、
都道府県作成の案については都道府県、市町村作成の案については市町村に、
意見書を提出することができます。

宅建通信に関する相談はこちら