1月27日の3問

「勉強が続けられない・・・」

そんなお悩みありませんか?

勉強を続けるためにはどうすればいいか?

是非、参考にしてみてください!

個別指導は2月に入ると値上げになりますので

ご了承ください!

【問1】担保物権

賃借人は将来発生するだろう敷金返還請求権について第三者Aのために質権を設定した。
第三者Aは、賃借人との質権設定契約書をもって、他の第三者Bに対抗することができる。


【問2】8種制限

宅建業者Aは、BとB所有の甲地について停止条件付きで売買契約をした。
この場合、宅建業者Aは甲地を宅建業者でないCに売却することができる。


【問3】都市計画法

都市計画を決定しようとする旨の公告があったときは、
関係市町村の住民及び利害関係人は、(  )の縦覧期間の満了の日までに、
都道府県作成の案については都道府県、市町村作成の案については市町村に、
意見書を提出することができます。

宅建通信に関する相談はこちら