1月21日の3問

おはようございます!レトスの小野です!

『何回間違えても、突き進もう!』

勉強したけどいい点が取れませんでした。

自信もなくなり、勉強のやる気もなくなりました。。。

こんなメールをよくいただきます。

実際、合格していく人たちは、勉強していい点数が取れなかったとしても
それほど落ち込まず、

「このままではダメだ!もっとやらなきゃ!」

といった具合に、あまり気にせず、どんどん前に前に進んでいく傾向があります。

点数が悪くて、落ち込んで立ち止まると、合格からはどんどん遠きます。

落ち込むのはほどほどに。

本当に合格したいなら、さっさと切り替えて、次に進んで行くようにしましょう

【問1】担保物権

留置権は、登記をしなくても、留置することで、第三者に対抗することができる。


【問2】クーリングオフ

宅建業者でない買主からクーリングオフによる売買契約の解除があった場合で、
この契約の解除が法的要件を満たし、かつ、売主Aが手付金を受領しているとき
Aは手付金から違約金を控除して返還することができる。


【問3】都市計画法

地区計画は、建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置等からみて、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を整備し、開発し、及び保全するための計画であり、用途地域が定められている土地の区域においてのみ定められる。

宅建通信に関する相談はこちら