1月20日の3問

個別指導の値上げまで「あと数時間」となりました!

明日21日になると値上げとなります!

今から「理解学習」を実践できれば、次の試験で合格できます。

一方、「丸暗記学習」だと、次だけでなく、その次の試験も落ちてしまいます

それくらい勉強の仕方は重要です!

もし、自分自身で「丸暗記学習」になっているなぁ、と思っているのであれば、今すぐ勉強の仕方を変えていきましょう!

そうすれば、合格できます!

もし、自分自身で勉強の仕方を変えることが難しいと思うようでしたら、ぜひ、個別指導をご検討ください!

個別指導で使う教材は、理解学習が必然とできるように作成しています!

なので、誰でも理解学習を実践していただけます!

もし、あなたが、今年の試験で絶対合格したい!というのであれば、一緒に勉強して今年絶対合格しましょう!

今からであれば、今年あなたに合格していただく自信があります!

あなたの受講をお待ちしております♪

個別指導のお申し込みはこちら>>

【問1】連帯債務

1500万円の債務をA、B、Cが連帯して債務を負っている。
(負担部分は各自500万円とする。)
連帯債務者の一人Aが債務を免除された場合、
B、Cが連帯して1000万円の債務を負う。

 


【問2】クーリングオフ

宅地建物取引業者でない買主Bは、宅地建物取引業者Aに対して、
A所有の建物の物件の説明を自宅で受ける申し出を行い、
自宅でこの説明を受け、即座に買受けを申し込んだ。
後日、勤務先の近くのホテルのロビーで売買契約を締結した場合、
Bは売買契約の解除はできない。

 


【問3】都市計画法

地区計画の区域のうち地区整備計画が定められている区域内において、建築物の建築等の行為を行った者は、一定の行為を除き、当該行為の完了した日から30日以内に、行為の種類、場所等を市町村長に届け出なければならない。

 

 
 
【お悩み・ご相談はこちら】重要な4つのこともプレゼント♪
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お悩みの内容

      
 
宅建通信に関する相談はこちら