宅建に関するお悩み・質問を解決

受験生からの質問:宅建の試験範囲が広すぎて覚えられないというご相談にお答えします

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

範囲が広すぎて覚えられない場合の対処法

宅建通信講座

宅建試験は範囲が広いです。そのため、覚えるのは正直しんどいです。私も実際、独学で宅建の勉強していたころ同じように思っていました。ただ、重要なポイントが頭に入っていないのでは合格できません。今回は、この課題について、具体的な対処法をお伝えしていきます。

学習範囲を絞る

まず、例年の合格点を考えると、宅建試験は50問中35点を取れれば、合格です。 満点を取る必要はありません。そのため、学習範囲を絞って勉強し、捨てる問題は捨てればいいんです・

出題確率が低い問題を捨てる

権利関係を考えてみると、借地借家法、区分所有法、不動産登記法は毎年出題されるのに対し、質権や先取特権は数年に一度しか出ません。そういったことを分析して、頻出の出題分野に絞って勉強する方法があります。

苦手な問題を捨てる

個別指導の受講者様でもよくいらっしゃるのですが、「分数ができない」という方がいます。 そんな方に、「分数計算から勉強しましょう!」と言っても、時間が無駄です。出題されたとしても、建ぺい率・容積率で1問、相続の法定相続分の計算で1問の合計2問でしょう。実際、分数問題は出ない年もよくあります。 そんなものに、分数計算から勉強するのは非効率です。 なので、こういった問題は飛ばす!というのが効率的な学習法です。

ここで注意点があります。それは、「権利関係をすべて捨てる」というのはやめてください!

権利関係は毎年14問出ます。それを捨ててしまうと(勉強しないと)、権利関係で4点くらいしか取れません。 残り36問のうち、31点を取るのは正直しんどいです。。。 実際、宅建業法・法令上の制限・税その他に絞って勉強したとしても合格はできないでしょう。。。 なので、最低限7点はコンスタントに取れる実力をつけておきましょう!

頭に入れる方法を分ける

実際、「範囲が広すぎて覚えらない」と思っている方のほとんどが、「重要なポイントを覚えないといけない」と思っています。 これは違います。すべてを覚えるというのはまず無理です。私でも無理ですし、弊社の個別指導の受講者で合格していった方々でも無理でしょう。

考えるべきことは、「理解すべき部分は理解する」ということです。 つまり、「理解すべき部分」と「覚える部分」を分けて、勉強をしていくということです。 「覚える」については語呂合わせなどで覚えていくと良いでしょう。

ただ、重要なことは、単に文章やポイントだけを覚えるのではなく、「全体像」であったり、「イメージ」であったり、「具体例」を使いながら頭に入れていくようにしましょう。その方が頭に残りやすいです。 「理解」については、別の動画で細かく解説しているので、「独学でできる理解学習」の動画をご覧ください!

この2つを駆使しながら学習を進めていけば、今までよりは楽になるはずです!

まずは、実践してみましょう!

宅建メルマガ

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について