宅建の勉強では教科書を中心にしてはいけない。

参考書を中心にすれば頭に全く入らず時間の無駄。ではどうすればよいのか?

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

宅建のテキストで勉強するな!

ご質問やご不明な点、勉強法に関する不安な点など、私に何でもご相談ください!多くの受験生を見てきているので、あなた様の弱点も見つけられると存じます!それに対する対応策も提示させていただきますので、是非、お気軽にメールください(^^)
 ↓↓
info●takken-success.info (●を@に変えてください)

※件名 : 「■ご質問」とご記入ください。
※本文 : できれば、「苗字」だけでもご記入いただけると幸いです。


例えば、中学校の英語の試験勉強を思い出してください。

おそらく、授業中に書いたノートをみたり、ドリルなどの問題集を解いたりしたと思います。
間違っても、辞書を初めから読んで勉強した方はいないですよね?
辞書は分からない単語があった時に調べるためにつかっていましたよね?

宅建の参考書も英語の辞書と同じです。
分からない部分があった時に全体像や詳細を理解するために使うものです。

英語の辞書を読んでいても頭に入らないのと同じように、テキストを読んでいても頭に入っていきません。

問題を見て何を問われているかをまず知ること!(敵を知ること)
問われている内容を答えるようにするために、教科書や参考書やテキストがあるんです。
逆ではありません。

はじめは、問題文を読んでも意味が分からないと思います。
分からない理由は「法律用語を知らない」ことと「言い回しに慣れていないから」です。
法律用語はテキストを見れば載っているでしょう。
言い回しについては、毎日毎日問題文に触れることによって慣れてきますので、1ヶ月はかかるかもしれません。
初学者の方でも、半年あれば、十分宅建は合格レベルまで持っていけます。

『敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。』  (孫氏)

どんな問題が出題されているかを見極め、自分の実力を客観的に判断できれば、何回受験しても合格できるということです。

もし、勉強が苦手な方や自信がない方、何回挑戦しても合格できない方
是非、LETOS(レトス)の宅建通信講座を受けてみてください!
今までの通信講座とは違い、教材販売を中心とするのではなく、アフターサービスを重視しています。
 >>> 専属講師が学習管理までしてくれる宅建専門通信講座はこちら

 

これから宅建合格を目指す方へ! ノウハウを伝授します!

関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について