平成28年(2016年)問49/宅建過去問

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.豪雨による深層崩壊は、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼす。

2.花崗岩が風化してできた、まさ土地帯においては、近年発生した土石流災害によりその危険性が再認識された。

3.山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が低く、住宅地として好適である。

4.丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。


 

 

 

 

 

 

【答え:3】


豪雨による深層崩壊は、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼす。

1・・・適当

山の斜面が、さまざまな原因でもろくなり、くずれ落ちることを斜面崩壊といいます。
そして、斜面崩壊は表層崩壊深層崩壊の2つに分けられます。
本肢の深層崩壊については、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落するため、山間の集落などに甚大な被害を及ぼします。


花崗岩が風化してできた、まさ土地帯においては、近年発生した土石流災害によりその危険性が再認識された。

2・・・適当

まさ土(真砂土)とは、花崗岩が風化してできた砂を言います。

そして、まさ土地帯については、平成26年に起きた広島の土石流災害によりその危険性が再認識されました。


山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が低く、住宅地として好適である。

3・・・最も不適当

山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形があるということは、再度崩壊する可能性が高いため、住宅地としては適していません。


丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。

4・・・適当

斜面の傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加します。
実際、大雨による崩壊の場合、斜面の傾斜角が25度よりも小さいとほとんど崩れません。

平成28年度(2016年)宅建試験・過去問

内容
問1 民法の条文
問2 制限行為能力者
問3 意思表示・対抗関係
問4 抵当権
問5 債権譲渡
問6 契約不適合責任
問7 賃貸借・使用者責任
問8 転貸借
問9 判決文
問10 相続
問11 借地権
問12 借家権
問13 区分所有法
問14 不動産登記法
問15 国土利用計画法
問16 都市計画法
問17 都市計画法
問18 建築基準法
問19 建築基準法
問20 宅地造成等規制法
問21 土地区画整理法
問22 農地法
問23 印紙税
問24 不動産取得税
問25 不動産鑑定評価基準
問26 監督処分
問27 媒介契約
問28 8種制限
問29 業務上の規制
問30 重要事項説明・37条書面
問31 保証協会
問32 広告の規制
問33 報酬
問34 業務上の規制
問35 免許
問36 重要事項説明
問37 免許の基準・免許換え
問38 宅地建物取引士
問39 35条書面・37条書面
問40 営業保証金
問41 業務上の規制
問42 37条書面
問43 8種制限
問44 クーリングオフ
問45 住宅瑕疵担保履行法
問46 住宅金融支援機構
問47 不当景品類及び不当表示防止法
問48 統計
問49 土地
問50 建物
宅建通信に関する相談はこちら