宅建の通信教育・通信講座LETOS。宅建勉強法を公開

アフターサービスを価値とする宅建通信講座、宅建通信教育です。宅建勉強法で学習!

宅建の概要


 宅建主任者とは?

 宅建受験者数・合格者数・合格率
 宅建の受験手続きの流れ  基本的な学習法とは?
 宅建試験概要(2014年/平成26年)  宅建の難易度とは?
 宅建の申込方法  

宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引業法に基づき制定された国家資格であり、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)の相手方(買主や借主)に対して、宅地・建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う不動産取引の専門家です。

そして、宅建業法で、宅建業者の事務所(本店および支店)において、従業員5名に1名の割合で、成年者である専任の取引主任者を置かなければならないと決められています。
そのため、不動産会社の中には、雇用する際、「宅地建物取引主任者」の資格を必須とする業者も多くあります。


宅建の受験者数・合格者数・合格率

近年の情報を見ると、受験者数は約19万人合格率は約16%合格点は50点満点中33~36点です。
つまり、受験者の84%の方が、14問~17問を間違えて不合格になっているわけです。

>> 宅建の受験者数・合格者数・合格率の推移と対策はこちらから


宅建の受験手続き

出願方法は、「インターネット申込み」と「郵送申込み」の2つがあります。

受付期間は、インターネット申込みの場合、毎年7月初旬から中旬、郵送申し込みの場合、毎年7月初旬から末日です。

受験票は、10月初旬に郵送されます。申込みした後すぐに郵送されるわけではありませんので、受験票が届かなくても心配しないでください。ネットで申込みした場合は、受付完了の返信メールがすぐに届きます。

合格発表は、毎年12月上旬(第1水曜日)にネットで公開されます。そして、不動産適正取引推進機構より合格者だけに合格証書が郵送されます。

>> 平成26年:2014年の宅建の申込期間と試験日はこちら


基本的な学習法

関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為に登録してください!
【注意】auのアドレスは届かない可能性がありますので別のアドレスをお使いください!

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと

チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


無料テキスト 大公開中!


過去問の解説集!


宅地建物取引士について