復代理の動画解説|宅建通信講座

宅建合格のための「復代理」の学習すべき点は?

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

復代理

代理人が、さらに他の者をを選任して、代理権の全部または一部を行なわせることを「復代理」という。

■復代理人の代理行為の効果
復代理人の代理行為は、直接、本人に帰属する。つまり、復代理人は、代理人を代理するのではなくて、本人を直接的に代理する。


■法定代理人による復代理人の選任
いつでも自由に復代理人を選任できる

■法定代理人による復代理人の責任
原則、復代理人の行為の全責任を負う。例外として、やむを得ない事情により復代理人を選任した場合は、選任・監督責任のみ負う


■任意代理人による復代理人の選任
復選任できるのは「本人の許諾があるとき」と「やむを得ない事情があるとき」に限られる。

■任意代理人による復代理人の責任
原則、選任・監督の責任にみ負う。例外として、本人の氏名に従って復代理を選任した時は、復代理人の不適格・不誠実を知りながら本人に通知しなかったり、解任することを怠った場合にのみ責任を負う。

宅建通信短期講座

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について