宅建通信講座LETOSの宅建問題集

宅地建物取引主任者試験の無権代理の問題集

上記「予想模試」の募集終了まで あとカウントダウン

宅建の問題【無権代理】

過去問を基にしたオリジナル宅建問題♪
あなたが次回の試験で合格できますように・・・

宅建に関するご質問やご相談は左上の「お問合せフォーム」
もしくは、直接メールください!
⇒ info●takken-success.info (●を@に変えてください)

 


【宅建問題 1】 無権代理の効果 
Aは、Bの代理人として、B所有の土地についてCと売買契約を締結した。CはAをBの代理人と信じていたが、Bはこの売買契約についてAに代理権を与える旨を表示した事実はなく、またAはBに対して何らの代理権も有していなかった。この場合、売買契約は有効に成立しているが、Bは売買契約を取り消すことができる。


【宅建問題 2】 無権代理人の相手方の取消権 
Aは、Bの代理人として、B所有の土地についてCと売買契約を締結したが、Aは無権代理人であった。このことをCが知っていた場合でも、CはAC間の契約を、Bが追認するまでは、取り消すことができる。


【宅建問題 3】 無権代理人の相手方の催告権
Aは、Bの代理人として、B所有の土地についてCと売買契約を締結したが、Aは無権代理人であった。このことをCが知っていた場合でも、CはBに対し追認をするかどうか確答すべき旨催告することができ、Bが確答をしないときは、Bは追認したものとみなされる。


【宅建問題 4】 無権代理人の相手方の責任追及権
Aは、Bの代理人として、B所有の土地についてCと売買契約を締結したが、Aは無権代理人であった。そして、CがBに催告をしたが、Bは追認を拒絶した。無権代理行為についてCが善意無過失の場合、Cは無権代理人Aに対し、B所有の土地の引渡しを求めることができる。


【宅建問題 5】 無権代理を本人が相続
Aは、Bの代理人として、B所有の土地についてCと売買契約を締結したが、Aは無権代理人であった。その後、Aが死亡し、Bが単独で相続をした場合には、Bは追認を拒絶できるが、CがAの無権代理につき善意無過失であれば、CはBに対して損害賠償を請求することができる。


【宅建問題 6】 無権代理人が本人から相続
Aは、Bの代理人として、B所有の土地についてCと売買契約を締結したが、Aは無権代理人であった。その後、Bが死亡し、Aが単独で相続をした場合には、Aは追認を拒絶できる。


【宅建問題 7】 無権代理行為の追認
Aは、Bの代理人として、B所有の土地についてCと売買契約を締結したが、Aは無権代理人であった。その後、Bが追認した場合、追認した時に改めて正式に契約したと見なされ、その時から効果が生じる。



宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について