宅建通信講座LETOSの宅建問題集

宅地建物取引主任者試験の制限行為能力者の問題集

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

宅建の問題【代理】

過去問を基にしたオリジナル宅建問題♪
あなたが次回の試験で合格できますように・・・

宅建に関するご質問やご相談は左上の「お問合せフォーム」
もしくは、直接メールください!
⇒ info●takken-success.info (●を@に変えてください)

 


【宅建問題 1】 代理人としての未成年者 
Aが、Bに代理権を授与してA所有の土地を売却する場合、Bが未成年者であるとき、Bが行った売買契約について、Aは後で取消すことができる。


【宅建問題 2】 代理人の死亡 
Aが、Bに代理権を授与してA所有の土地を売却する場合、Bが売買契約する前に、Aが死亡した場合、Bは当該土地を売却することができない。


【宅建問題 3】 任意代理人の代理権の消滅 

Aが、Bに代理権を授与してA所有の土地を売却する場合、Aが破産手続開始の決定を受けた場合、これを理由にBの代理権は消滅する。


【宅建問題 4】 代理人の顕名 

Aが、Bに代理権を授与してA所有の土地をCに売却する場合、代理人Bが相手方CにAの代理人であることを告げず、その旨をCは知ることができたが知らなかった場合、この代理行為は有効となる。


【宅建問題 5】 代理行為での瑕疵ある意思表示

代理人が相手方の詐欺にかかって締結した売買契約は、代理人も本人も取消すことができる。


【宅建問題 6】 復代理人の選任

Aから委任を受けた代理人Bが適法に復代理人Cを選任したとき、代理権はBからCに移り、Bは代理行為を行えなくなる。


【宅建問題 7】 復代理人の選任における代理人の責任

Aから委任を受けた代理人Bが、Aの許諾及び指名に基づき、Cを復代理人として選任したときは、Bは、Cの不誠実さを見抜けなかったことに過失があった場合、Aに対し責任を負う。


【宅建問題 8】 自己契約

Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、A自らが買主となって売買契約を締結したときは、自己契約の禁止により、常にAは甲土地の所有権を取得できない。


【宅建問題 9】 双方代理

Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、AがCの代理人となってBC間の売買契約を締結したときは、Cは甲土地の所有権を当然に取得する。



宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について