宅建通信講座LETOSの宅建問題集・借地権

宅地建物取引主任者試験の借地権の問題集

上記「予想模試」の募集終了まで あとカウントダウン

宅建の問題【借地権】

過去問をピックアップ♪
あなたが次回の試験で合格できますように・・・

宅建に関するご質問やご相談は左上の「お問合せフォーム」
もしくは、直接メールください!
⇒ info●takken-success.info (●を@に変えてください)

 


【宅建問題 1】 借地権の存続期間

借地権者Bが、当初の存続期間満了前に、現存する建物を取り壊し、残存期間を超えて存続すべき建物を新たに築造した場合で、借地権設定者Aにその旨を事前に通知しなかったとき、Aは、無断築造を理由として、契約を解除することができる。


【宅建問題 2】 借地権の更新

当初の存続期間満了時に建物が存在しており、借地権者Bが契約の更新を請求した場合で、地主Aがこれに対し遅滞なく異議を述べたが、その異議に正当の事由がないとき、契約は更新したものとみなされ、更新後の存続期間は30年となる。


【宅建問題 3】 更新後の再築 

借地権者Bが、契約の更新後に、現存する建物を取り壊し、残存期間を超えて存続すべき建物を新たに築造した場合で、地主Aの承諾もそれに代わる裁判所の許可もないとき、Aは、土地の賃貸借の解約の申入れをすることができる。


【宅建問題 4】 建物買取請求権 

当初の存続期間が満了し、契約の更新がない場合で、借地権者Bの建物が存続期間満了前にAの承諾を得ないで残存期間を超えて存続すべきものとして新たに築造されたものであるとき、Bは、Aに対し当該建物を買い取るべきことを請求することはできない。


【宅建問題 5】 普通借地権と事業用借地権 

A所有の土地に、Bが建物を所有して小売業を行う目的で公正証書によらずに存続期間を35年とする土地の賃貸借契約を締結する場合、当該契約は事業用借地権となる。


【宅建問題 6】  


【宅建問題 7】 


【宅建問題 8】 



宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について