宅建通信講座LETOSの宅建問題集・相続

宅地建物取引主任者試験の相続の問題集

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

宅建の問題【相続】

過去問をピックアップ♪
あなたが次回の試験で合格できますように・・・

宅建に関するご質問やご相談は左上の「お問合せフォーム」
もしくは、直接メールください!
⇒ info●takken-success.info (●を@に変えてください)

 


【宅建問題 1】 単純承認と限定承認 

相続人A及びBが存在し、相続開始後、Aが被相続人が所有していた財産の一部を売却した場合であっても、Bは相続の限定承認をすることができる。


【宅建問題 2】 遺留分減殺請求 

Aには、相続人となる子BとCがいる。Aは、「甲土地を含む全資産をCに相続させる」 旨の有効な遺言をした場合、Bの遺留分を侵害するため、Aの遺言は、その限度で当然に無効である。


【宅建問題 3】 遺留分の放棄 

相続人Bが、被相続人Aの死亡の前に、A及び他の相続人Cに対して直接、書面で遺留分を放棄する意思表示をしたときは、その意思表示は有効である。


【宅建問題 4】 廃除 

Aには、妻B、子Cがあり、Aは、CにA所有の資産全部を相続させAの事業も承継させたいと考えているが、Cが反対している場合、Aは、Cが反対していることを理由として、遺言で、Cを相続人から廃除することができる。


【宅建問題 5】 遺産分割前の相続財産の扱い 

相続人は、被相続人の死亡後で遺産分割前でも、他の相続人の同意を得なければ、自己の相続分を第三者に譲渡することはできない。


【宅建問題 6】  


【宅建問題 7】 


【宅建問題 8】 



宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について