宅建通信講座LETOSの宅建問題集・相隣関係と囲繞地通行権

宅地建物取引主任者試験の囲繞地通行権、相隣関係の問題集

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

宅建の問題【相隣関係:囲繞地通行権など】

過去問を基にしたオリジナル宅建問題♪
あなたが次回の試験で合格できますように・・・

宅建に関するご質問やご相談は左上の「お問合せフォーム」
もしくは、直接メールください!
⇒ info●takken-success.info (●を@に変えてください)

 


【宅建問題 1】 境界線付近の建築の制限 

異なる慣習がある場合を除き、境界線から1m未満の範囲の距離において他人の宅地を見通すことができる窓を設ける者は、目隠しを付けなければならない。


【宅建問題 2】 囲繞地通行権 

複数の筆の他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を自由に選んで通行することができる。


【宅建問題 3】 囲繞地通行権 

A所有の甲地は袋地で、Aが所有していない回りの土地(囲繞地)を通る通路を開設しなければ公道に出ることができない場合について、甲地が、A及びCの共有地の分割によって袋地となったときには、Aは、Cが所有する分割後の残余地にしか通路を開設することができない。


【宅建問題 4】 囲繞地通行権 

袋地の所有者は、囲繞地の所有者に代償を支払えば、自己の意思のみによって通行の場所及び方法を定め、囲繞地に通路を開設することができる。


【宅建問題 5】 囲繞地通行権 

Bが、袋地所有者Aから袋地を譲り受けた場合には、Bは、所有権移転の登記を完了しないと、囲繞地に通路を開設することができない。


【宅建問題 6】 境界標の設置 

土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用をもって、境界を表示すべき物を設置することができる。


【宅建問題 7】 竹木の枝の切除

土地の所有者は、隣地から木の枝が境界線を越えて伸びてきたときは、隣地所有者に当該枝を切除するように求めることができる。


【宅建問題 8】 竹木の根の切除 

土地の所有者は、隣地から木の根が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切断できる。



宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について