宅建通信講座LETOSの宅建問題集

宅地建物取引主任者試験の第三者弁済・代物弁済の問題集

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

宅建の問題【第三者弁済・代物弁済】

過去問を基にしたオリジナル宅建問題♪
あなたが次回の試験で合格できますように・・・

宅建に関するご質問やご相談は左上の「お問合せフォーム」
もしくは、直接メールください!
⇒ info●takken-success.info (●を@に変えてください)

 


【宅建問題 1】 第三者弁済 

当事者間で「第三者の弁済を禁止する」特約で合意していた場合でも、利害関係のある第三者はこの特約に反して弁済することができる。


【宅建問題 2】 第三者弁済(物上保証人・担保物権の第三取得者)

物上保証人や担保不動産の取得者は債務者の意思に反して弁済することができる。


【宅建問題 3】 弁済による代位

AのBに対する貸金債務について、Aの保証人CがBに弁済した場合、Bの承諾なくして、Bに代位する。


【宅建問題 4】 債権の準占有者への弁済 

AのBに対する貸金債務について、「金銭の受領の委任状」などの債権者である証書を持ったCが、債務の弁済を請求してきた。しかし、Cは真の債権ではなかった。そのことにつき、善意無過失のAはCに全額弁済してしまった場合、AはBに対する貸金債務の弁済を免れる。


【宅建問題 5】 代物弁済 

AのBに対する貸金債務について、債権者Bの承諾なしに、A所有の土地を持って弁済することできる。


【宅建問題 6】 代物弁済(瑕疵) 

AのBに対する貸金債務について、債権者Bの承諾を得て、A所有の建物を持って弁済した。この建物に隠れた瑕疵があった場合、BはAに責任を追及することができる。


【宅建問題 7】 第三者弁済(借家人) 

借地人が地代の支払いを怠っている場合、借地上の建物の賃借人は借地人の同意なく、土地賃貸人に地代を弁済できる。しかし、借地人の土地賃貸人に対する債務は消滅しない。



宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について