宅建通信講座LETOSの宅建問題集

宅地建物取引主任者試験の制限行為能力者の問題集

上記「短期講座」の値上げまで あとカウントダウン

宅建の問題【制限行為能力者】

過去問を基にしたオリジナル問題♪
あなたが次回の試験で合格できますように・・・

宅建に関するご質問やご相談は左上の「お問合せフォーム」
もしくは、直接メールください!
⇒ info●takken-success.info (●を@に変えてください)

 


【宅建問題 1】 未成年者 
Aは16歳となり、父母の同意を得て結婚しましたが、18歳で離婚をしてしまい、現在、Aに配偶者はいません。 この場合、Aは一度結婚していることから、現在も成年者として扱われる。


【宅建問題 2】  未成年者と時効
未成年者が土地を売却する意思表示を行った。 その未成年者が翌月に婚姻した場合、 本人は、未成年者であったことを理由に一定期間は取消すことができる。


【宅建問題 3】 成年被後見人 
Aが精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状況になった場合、 将来、Aの相続人となるB及びCはAの法定代理人となり、 A所有の土地を第三者に売却することができる。


【宅建問題 4】 被保佐人 
被保佐人が保佐人の事前の同意を得て土地を売却する意思表示を行った場合、保佐人は、当該意思表示を取消すことができる。


【宅建問題 5】 被補助人 
精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分である者について、4親等内の親族から補助開始の審判の請求があった場合、家庭裁判所はその事実が認められるときは、本人の同意なくして同審判をすることができる


【宅建問題 6】 制限行為能力者の詐術 
被保佐人が、保佐人の同意またはこれに代わる家庭裁判所の許可を得ないでした土地の売却は、被保佐人が行為能力者であることを相手方に信じさせるため詐術を用いた時であっても、取消すことができる



宅建メルマガ


関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について