宅建の通信教育・通信講座LETOS。

アフターサービスを価値とする宅建通信講座、宅建通信教育です。

上記個別指導の値上げまで あとカウントダウン

宅建の通信講座ってどうなの?

現状、弊社LETOS(レトス)が認識している通信講座は正直、教材・サービスの割に費用が高いと思います。

しかし、これは仕方がないことです。
皆様が知っている通信講座を考えてみてください。
宣伝広告をかなり行っていますよね! テレビCMに折込チラシ、インターネットなど・・・
そりゃお金はかかっています。毎月数百万円はかかっていると思います。

さらに、人件費にテナント料・・・これは毎月必ずかかる費用です。

支出は莫大です。
それでも利益を出さないといけないので、必然的に販売価格(受講費用)は高くなります。

さらにいうと、アフターサービスを手厚くすると、その分人を雇わないといけなくなり、利益を出せなくなっていきます。
そのため、既存の通信講座は、アフターサービスをできるだけ減らしています。

しかし、受講費用を高くするには、それなりに教材の数(DVDなど)を増やさないとお客様に納得してもらえません。

実際、通信講座を受講した方は教材を確認してみてください。
使わない教材があるはずです。

例えばDVD、何度も見る人は少ないんです。
こんなのなくても十分合格できます。

さらにいうと、テキストと過去問
市販のテキストと過去問と解説の詳しさ、分かりやすさなど、ほとんど変わりません。

添削問題も何回かありますが、お客様がやらなければ、それで終わり・・・
添削問題なんて、問題集で十分代用できます。

つまり、何が言いたいかというと、

宅建の通信講座はそれほど価値はない

通信講座を使って合格できた方は、独学で合格できるということです。

言い換えると、独学で合格できない方は、通信講座でも合格する可能性は低いということです。

LETOSから頑張るあなたへプレゼント♪

 

関連記事
内容

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について