宅地建物取引士資格試験の「罰則」を解説|宅建通信講座

宅建合格のために必要な「罰則」の学習すべき点は?

上記個別指導の最安値終了まで あとカウントダウン

罰則

罰則については、赤文字もしくは青文字になっている部分を中心に覚えてください。

罰則 内容
3年以下の懲役
もしくは
300万円以下の罰金
もしくはこれらの併科
不正手段による免許取得
名義貸しで他人に営業させた
業務停止処分に違反して営業
無免許営業(宅建業者以外の者)
2年以下の懲役
もしくは
300万円以下の罰金
もしくはこれらの併科
・相手の判断に重大な影響を及ぼす事項を故意に告げなかった場合(事実告知義務違反
1年以下の懲役
もしくは
100万円以下の罰金
もしくはこれらの併科
不当に高額報酬を要求する行為
半年以下の懲役
もしくは
100万円以下の罰金
もしくはこれらの併科
供託をせずに営業開始した場合
誇大広告の禁止に違反した場合
・不当な履行遅延をした場合
手付貸与による契約締結の誘引をした場合
100万円以下の罰金 ・免許申請書の虚偽記載
・名義貸しで他人に営業表示や広告をさせた
専任の取引士の設置義務違反
報酬基準額を超える報酬を受領した
50万円以下の罰金 37条書面の交付義務違反
従業者名簿を備えていなかった場合
帳簿を備えていなかった場合
守秘義務違反
10万円以下の過料 ・登録消除等による取引士証の返納義務に違反
・事務禁止処分による取引士証の提出義務に違反
・重要事項の説明の際に取引士証の提示義務に違反

宅建メルマガ

関連記事
監督処分  /  罰則

最重要! 無料メルマガ

宅建試験に合格したい方必見!
平日3問、合格するために必要な過去問を無料でお送りします!!

過去問対策の為にご活用ください!

■LINEで受信したい方は下記「友達追加」もしくは「QRコード」から行えます!

友だち追加

■メールで受信したい方は下記フォームからご登録ください!
※携帯のアドレスだと届かない可能性があります。

↓苗字のみ↓
↓メールアドレス↓

宅建合格するための重要な4つのこと


チャンネル登録はこちら



宅建とは?


その勉強の仕方 大丈夫?


独学・通信・通学どれがベスト?


通信講座の無料テキスト


過去問の解説集!


宅地建物取引士について